フラット35とフラット35Sの違いは?

フラット35とフラット35Sは名称は似ているのですが、どのような住宅の場合に利用できるのかという条件が異なっています。
フラット35Sは、フラット35よりもより性能の良い家であることが求められます。
たとえば、バリアフリー性や省エネ性などお住まいになる方の目的に合わせた条件から選ぶことは可能です。
フラット35よりも性能が良い家であると認められてフラット35Sを利用できるようになりますと、金利が優遇されるというメリットを受けることが出来るのです。
もちろん性能の良い家を建設するにあたっては建築費用などが増えてしまうことがデメリットとして考えられるかも知れませんが、その分金利の優遇があるため、大きなデメリットにはならないでしょう。
フラット35の金利がおすすめな銀行は?