住宅ローン金利の長期固定金利のメリットとは?

住宅ローン金利の長期固定金利については、金利は比較的高くなりますが、全期間固定金利ですと返済額が変わることが無いので繰り上げ返済をする余裕もなくギリギリで住宅を購入したり、家を建築したりする人には適していると言えます。
固定期間選択型の長期の場合はたとえ固定期間が終了して住宅ローン金利が上がっても元本がある程度減っているのでインパクトは強くありませんが、10年程度では意外と元本は減っておらず、金利が大幅に上がっていたら多いなリスクがあります。
イメージとしては10年固定くらいであると安心と思いがちでありますが、実際その程度まで頑張れるなら全期間固定を選んだ方が良いという意見も多い状況です。
何となく変動と全期間の固定の中間くらいというイメージで安易に選んでしまうと危険です。