映画撮影に使用されたカジノリビエラとは

映画カジノは、監督マーティン・スコセッシ、キャストはロバート・デ・ニーロ、シャロン・ストーン、撮影はロバート・リチャードソンによって行われました。
ロバートデニーロが扮するサム・ロススティーンは賭博の才能があり、カジノの経営を任されることになり、売り上げを伸ばしてマフィアへの上納金も増えていきました。
サムはシャロン・ストーン扮する美しいハスラー、ジンジャーと結婚し、何不自由ない生活を送っていましたが、旧友のニッキー(ショーン・ペン)がラスヴェガスに訪れてから、サムの生活は一変していきます。
撮影には、趣のある落ち着いた風格のホテルリビエラが使用されています。
ラスベガス・ストリップに位置しており、ラスベガス・コンベンションセンターから徒歩10分、フレモントストリートエクスペリエンスから車で7分と、ホテルが密集した地域からは少し離れています。
フルサービスのスパやコメディクラブも併設されており、映画の雰囲気と共に楽しむことができます。